店頭買取

不要になったものは、大抵の場合、リサイクル店の店舗へ対象品を持参して、その場で査定をしてもらうことになります。 特に予約をする必要はありません。 買取をお願いするには、身分証明書が必要になります。 運転免許証や保険証などで十分です。 未成年の場合には、保護者の同意書などが必要になることもあります。 店頭で買取してもらえる品目は、リサイクル店により異なりますが、あまり古い対象品は買取をしてもらえないことがあります。 家具などの場合は、購入7年以内、家電製品も同様に7年、衣類などは購入してから2~3年が目安となります。 処分だけの場合には、リサイクル店では対応しない場合が多いです。 また、家電リサイクル対象品は有料になります。 買取査定のためには、書類に必要事項を記入する必要があります。 その後に査定を受けるのですが、通常10分~15分程度で完了します。 実際に対象品目の状態をチェックして、商品の状態が良く、再販ができる場合には買取をしてもらえることになります。 チェックが終わりますと、買取価格が提示されますので、納得できる買取価格ならば、その場で現金での支払いを受けることができます。 私も雑貨や小物などをリサイクル店に持ち込んだことがあるのですが、購入した際には数万円したものでも、買取は数百円というように、いくらご自身が大切にしていたものでも、高い買取価格になるわけではありません。 個人の思い入れが強いモノは、趣味によって他の人には嫌われる傾向があるのかもしれませんね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  • 店頭買取

    不要になったものは、大抵の場合、リサイクル店の店舗へ対象品を持参して、その場で査定をしてもらうことになります。 特に予約をする必要はありません。 買取をお願いするには、身分証明書が必要になります。 運... 店頭買取の続きを読む>

  • 出張買取

    ご自身では運べない大きな家電や家具については、リサイクルショップに売ることができないと思っている方もいるのではないでしょうか?しかし、出張買取をしているリサイクルショップもありますので、利用されるとよ... 出張買取の続きを読む>

  • リサイクル活動

    家庭用で発生したゴミは、燃やしたり埋めてしまいますと、二度と利用できなくなってしまいますが、再利用できるの方法がリサイクルです。 紙や空き缶を再利用することができるのです。 1人当たり1日1キロ以上の... リサイクル活動の続きを読む>