リサイクルでの消費者の役割

家電や自動車などは、リサイクルをするためには、費用がかかります。 家電リサイクル法では、対象製品を家電量販店に収集・運搬をしてもらい、メーカーなどにリサイクルの義務を与えて、家電製品を利用していた消費者がその費用を負担することになります。 また、自動車などにおいても同様です。 家電製品や自動車の場合に廃棄処分をすることは、そんなに多くはありませんが、日々利用している容器やごみなどの管理は各個人がしっかり対応する必要があります。 いわゆる分別回収に協力することです。 各市町村により基準は異なると思いますが、ゴミを排出する際の分別が徹底されており、それにより、リサイクルが容易になるのです。 ですから、家庭の中でも、ペットボトルや空き缶、ビンなどのゴミの分別をして決められた場所や期日にしっかり、ゴミとして出すようにするべきです。 ビンなどは、リサイクルされることもありますが、リユースとして、洗浄をした上でそのまま利用できるものもあります。 また、洋服や家具、家電商品でも利用できるものについてはリサイクルショップに販売をすれば、別の人が購入をしてくれます。 子供の洋服などは、成長が早いために、すぐに大きなサイズに変えなくてはならないことも多いと思うのですが、売買をリサイクル店で行えば、有効利用ができるのです。 また、中年の男性なども急激に体型が変わり、ウエストが合わなくなったりする場合もあります。 積極的にリサイクル品を利用するとよろしいと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  • 店頭買取

    不要になったものは、大抵の場合、リサイクル店の店舗へ対象品を持参して、その場で査定をしてもらうことになります。 特に予約をする必要はありません。 買取をお願いするには、身分証明書が必要になります。 運... 店頭買取の続きを読む>

  • 出張買取

    ご自身では運べない大きな家電や家具については、リサイクルショップに売ることができないと思っている方もいるのではないでしょうか?しかし、出張買取をしているリサイクルショップもありますので、利用されるとよ... 出張買取の続きを読む>

  • リサイクル活動

    家庭用で発生したゴミは、燃やしたり埋めてしまいますと、二度と利用できなくなってしまいますが、再利用できるの方法がリサイクルです。 紙や空き缶を再利用することができるのです。 1人当たり1日1キロ以上の... リサイクル活動の続きを読む>