自動車リサイクル

自動車を利用する方はとても多いと思います。 自動車にはあらゆる部品や材料が利用されていますので、自動車を廃棄する際には、所有者からメーカーまで全ての関係者が費用負担をする役割を決めたのが自動車リサイクル法です。 まずは、車の利用者は引き取り業者への廃車の引渡しが必要になりますし、引き取り業者はフロン対策のために買いたい業者へ引き渡します。 その後解体業者に渡り、自動車メーカーに引き渡すことになります。 そして、必要な部品を除いた車は解体されることになりますが、利用できる材料は再利用するようにします。 自動車リサイクル法が制定された背景は、自動車自体が多くの部品や材料を多く含んでいることに起因しています。 以前は、埋め立て処分をしていたのですが、処分場の容量が不足したことと処分費用が高くなったことにより、不法投棄などが増えてきました。 また、カーエアコンの冷媒としてのフロンは、しっかり処分をされないと地球温暖化問題を引き起こすことになってしまうことや、エアバッグなど、通常に解体作業をする際に専門的な知識や面倒な作業が必要なことも理由のひとつです。 対象車両は、普通自動車や、トラックバス、特殊自動車などです。 リサイクル料金を負担するのですが、料金は、車や自動車メーカーなどによって異なります。 普通車では、おおよそ1万円~2万円程度の費用がかかります。 自動車の廃棄処分をした場合のリサイクル部品や材料の利用使途は、ほとんど自動車メーカーの製造に利用されています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  • 店頭買取

    不要になったものは、大抵の場合、リサイクル店の店舗へ対象品を持参して、その場で査定をしてもらうことになります。 特に予約をする必要はありません。 買取をお願いするには、身分証明書が必要になります。 運... 店頭買取の続きを読む>

  • 出張買取

    ご自身では運べない大きな家電や家具については、リサイクルショップに売ることができないと思っている方もいるのではないでしょうか?しかし、出張買取をしているリサイクルショップもありますので、利用されるとよ... 出張買取の続きを読む>

  • リサイクル活動

    家庭用で発生したゴミは、燃やしたり埋めてしまいますと、二度と利用できなくなってしまいますが、再利用できるの方法がリサイクルです。 紙や空き缶を再利用することができるのです。 1人当たり1日1キロ以上の... リサイクル活動の続きを読む>