リサイクル活動

家庭用で発生したゴミは、燃やしたり埋めてしまいますと、二度と利用できなくなってしまいますが、再利用できるの方法がリサイクルです。 紙や空き缶を再利用することができるのです。 1人当たり1日1キロ以上のゴミを出しており、処理費用はおおよそ15000円もかかっているのです。 また、ゴミを焼却したり埋め立てをしますと、空気が汚し、埋め立て場所を確保しなければなりません。 従って、分別回収をする必要があるのです。 また、製造業者は、容器や包装を考えたものづくりが必要です。 前項でも説明しましたが、3Rを実施することで、リサイクル活動につながります。 まずは、ごみになるモノを利用しないこと、例えば、レジ袋をもらうのではなく、エコバッグを利用することや、食料品などは余分に購入しないこと、衣料品は、長期間着ることができるものを選ぶこと、電化製品などは長持ちするタイプで修理体制がしっかりしている商品を選ぶこと、使い捨ての商品はあまり購入しないようにすることや、詰め替えができる商品を選択することも必要です。 また、治せるものについては、極力修理するようにすることや、不要なものは、バザーやリサイクル買取専門店などに売るようにすることなども必要です。 しかしながら、どうしても再利用できないものについては、資源回収ができるものについては、分別などをして、スーパーなどで処理してもらうことや、例えば生ゴミなどは堆肥として利用すること、リサイクル活動はそれぞれの人がリサイクル意識(資源の意識)を持ち、環境に優しいスタイルにすることが大切です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  • 店頭買取

    不要になったものは、大抵の場合、リサイクル店の店舗へ対象品を持参して、その場で査定をしてもらうことになります。 特に予約をする必要はありません。 買取をお願いするには、身分証明書が必要になります。 運... 店頭買取の続きを読む>

  • 出張買取

    ご自身では運べない大きな家電や家具については、リサイクルショップに売ることができないと思っている方もいるのではないでしょうか?しかし、出張買取をしているリサイクルショップもありますので、利用されるとよ... 出張買取の続きを読む>

  • リサイクル活動

    家庭用で発生したゴミは、燃やしたり埋めてしまいますと、二度と利用できなくなってしまいますが、再利用できるの方法がリサイクルです。 紙や空き缶を再利用することができるのです。 1人当たり1日1キロ以上の... リサイクル活動の続きを読む>