リサイクルの意義

リサイクルも含めた3Rの意義を考えて見ましょう。 ムダになるモノを有効活用できることと、地球環境に優しいことを考えますと、各個人がリサイクルを意識することが最も大切なことです。 身近なリサイクルといえば、洋服や書籍などですが、リサイクルショップで販売されているものは、厳密に言いますと、リユース品ということになります。 リサイクル品を売買することは、少々恥ずかしいと思う方もいると思いますが、ご自身が不要になったものでも、他の人にとっては欲しいものなので、リサイクル(リユース)を利用することはとても良いことです。 ただ、あまりにも古いものや特別なもの(万人に受け入れられないようなモノ)の場合には、買取をしてくれない場合もあります。 ゴミ処理場では、粗大ゴミを修復・キレイに磨き上げることによって、安くして販売をしています。 手を施したリサイクル品は、とてもキレイで、味わいのあるものになることもあります。 ですから、少し傷みがあるような家具などもしっかり手入れをすれば、十分に利用できるのです。 しかし、問題は、いかにモノを大切にしようと思っても、修理に出しますと、新品を購入するよりも高くなるケースも多いにあるのです。 モノを大切にする気持は大切なことなのですが、手間や費用がかかることもありますので考え物です。 ただし、少しでも、各個人がリサイクルのことを考えることで、ゴミを出すことを減らし、地球の環境には意義のあることだと理解していただきたいと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  • 店頭買取

    不要になったものは、大抵の場合、リサイクル店の店舗へ対象品を持参して、その場で査定をしてもらうことになります。 特に予約をする必要はありません。 買取をお願いするには、身分証明書が必要になります。 運... 店頭買取の続きを読む>

  • 出張買取

    ご自身では運べない大きな家電や家具については、リサイクルショップに売ることができないと思っている方もいるのではないでしょうか?しかし、出張買取をしているリサイクルショップもありますので、利用されるとよ... 出張買取の続きを読む>

  • リサイクル活動

    家庭用で発生したゴミは、燃やしたり埋めてしまいますと、二度と利用できなくなってしまいますが、再利用できるの方法がリサイクルです。 紙や空き缶を再利用することができるのです。 1人当たり1日1キロ以上の... リサイクル活動の続きを読む>