3Rとは

3Rという言葉が定着しています。 3Rとは、リサイクル、リユース、リデュースのことです。 それぞれの言葉の意味を以下に説明します。 リサイクルについては、基本的にはゴミなどを再生利用することです。 牛乳パックやペットボトルや空き缶などが相当します。 リサイクルにも2種類あり、廃棄物を燃やす際に燃料として利用する方法です。 単純にゴミとして燃やすのではないので、不要物の有効活用に寄与しています。 また、廃棄物を材料にして、新たな製品を作る方法もあります。 不要なものの再利用をする際にもエネルギーが必要になりますので、再生方法を効率的にする必要があります。 リユースとは、不要と思われるものを修理対応などをして、使い直すことです。 ビンなどは、そのままの機能のまま再利用できますので、エネルギーを消費することもなく、最小限の環境汚染で済むことが多く、リサイクル以上に環境問題に配慮しているといえます。 最近では、リサイクルの買取・販売をするショップも多く、不要なものでも引き取ってもらい、別の人が利用するということになり、処分を極力控えた方法です。 そして、リデュースです。 あまり効きなれない言葉ですが、これは捨てる可能性がありそうなものを、そもそも購入しないことでゴミを減らすことと考えてください。 新しいものや便利な商品などが常に発売されますので、使えるものを買い換えるという行為をすることで、より快適な生活を送れるのですが、できれば、使えるものは長い間利用するという考え方がリデュースなのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  • 店頭買取

    不要になったものは、大抵の場合、リサイクル店の店舗へ対象品を持参して、その場で査定をしてもらうことになります。 特に予約をする必要はありません。 買取をお願いするには、身分証明書が必要になります。 運... 店頭買取の続きを読む>

  • 出張買取

    ご自身では運べない大きな家電や家具については、リサイクルショップに売ることができないと思っている方もいるのではないでしょうか?しかし、出張買取をしているリサイクルショップもありますので、利用されるとよ... 出張買取の続きを読む>

  • リサイクル活動

    家庭用で発生したゴミは、燃やしたり埋めてしまいますと、二度と利用できなくなってしまいますが、再利用できるの方法がリサイクルです。 紙や空き缶を再利用することができるのです。 1人当たり1日1キロ以上の... リサイクル活動の続きを読む>