宅配買取

宅配買取という買取の仕組みもあります。 これは、店頭へ行くのでもなく出張買取をしてもらうのでもなく、売りたい商品を宅配でリサイクル業者に送り、査定を受ける方法です。 売りたい商品がありましたら、電話やネットの申込みフォームより申し込みをすることができます。 そして、無料宅配キットが送られてきますので(希望者には)梱包して対象品を送ることになります。 宅配ですので、大きなものは難しく、洋服やバッグなどの小物の商品が対象になります。 送料は着払いですので、費用はかかりません。 商品が到着次第、リサイクルショップの鑑定士がスピード審査をします。 審査が終わりましたら、メール又は電話で連絡が来ます。 査定金額に納得した場合には、銀行振り込みで支払いを受けることができます。 買取金額に満足できない場合には、キャンセルも自由にできますので、気軽に申込みをするとよろしいと思います。 宅配買取に必要なものは、売りたい対象品と身分証明書のコピーが必要になります。 本人確認が必要になるために少々の時間がかかることもあります。 身分証明書には現住所と生年月日、氏名が表記されているものが必要です。 運転免許や保険証で十分だと思います。 梱包キットには、様々な大きさのダンボールが用意されていますので、荷物の量を考えて選択することができます。 梱包はご自身で対応しなければなりませんので、ワレモノのような場合にはしっかり、クッション材で保護をする必要があります。

ブランド品の宅配買取の記事一覧

店頭買取

不要になったものは、大抵の場合、リサイクル店の店舗へ対象品を持参して、その場で査定をしてもらうことになります。 特に予約をする必要はありません。 買取をお願いするには、身分証明書が必要になります。 運... 記事の続きはこちら

出張買取

ご自身では運べない大きな家電や家具については、リサイクルショップに売ることができないと思っている方もいるのではないでしょうか?しかし、出張買取をしているリサイクルショップもありますので、利用されるとよ... 記事の続きはこちら

リサイクル活動

家庭用で発生したゴミは、燃やしたり埋めてしまいますと、二度と利用できなくなってしまいますが、再利用できるの方法がリサイクルです。 紙や空き缶を再利用することができるのです。 1人当たり1日1キロ以上の... 記事の続きはこちら

リサイクルでの製造業者の役割

家電リサイクル法では、製造業者当の責務が決められています。 まずは、再商品化等の責務です。 これは、家電4品目などを製造している場合には、自ら製造した家庭用機器が廃棄物となった場合の引き取りを求められ... 記事の続きはこちら

リサイクルでの小売業者の役割

家電リサイクル法においての小売業者の役割は、家電4商品(テレビ、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・乾燥機、エアコン)についての廃棄処分をするための義務があります。 まずは、以前に販売した品目の廃棄物の引き取りを... 記事の続きはこちら

リサイクルでの消費者の役割

家電や自動車などは、リサイクルをするためには、費用がかかります。 家電リサイクル法では、対象製品を家電量販店に収集・運搬をしてもらい、メーカーなどにリサイクルの義務を与えて、家電製品を利用していた消費... 記事の続きはこちら

リサイクルの意義

リサイクルも含めた3Rの意義を考えて見ましょう。 ムダになるモノを有効活用できることと、地球環境に優しいことを考えますと、各個人がリサイクルを意識することが最も大切なことです。 身近なリサイクルといえ... 記事の続きはこちら

3Rとは

3Rという言葉が定着しています。 3Rとは、リサイクル、リユース、リデュースのことです。 それぞれの言葉の意味を以下に説明します。 リサイクルについては、基本的にはゴミなどを再生利用することです。 牛... 記事の続きはこちら

リサイクルとは

日々生活をしている中で、どうしても不要になるモノがあると思います。 そのようなものを資源として再生利用することをリサイクルと呼びます。 例えば、再生紙や空き缶の有効活用がそれにあたります。 資源の回収... 記事の続きはこちら

自動車リサイクル

自動車を利用する方はとても多いと思います。 自動車にはあらゆる部品や材料が利用されていますので、自動車を廃棄する際には、所有者からメーカーまで全ての関係者が費用負担をする役割を決めたのが自動車リサイク... 記事の続きはこちら

家電リサイクル

一般の家庭から不用品として排出された家電製品から、再利用できる部品や材料をリサイクルして、廃棄物を減量する為に制定された法律が家電リサイクル法です。 対象品目は、エアコンやテレビ、冷蔵庫や冷凍庫、洗濯... 記事の続きはこちら

容器包装リサイクル

容器リサイクル関連法は、ゴミが増え続ける環境の改善のために重要なことを定めた法律です。 家庭から出るごみの約6割が容器などです。 ゴミを減らして、有効に活用にすることが必要なので、資源の有効活用のため... 記事の続きはこちら

付属品や取扱説明書の管理

リサイクルショップでの買取をしてもらうために大切なことは、付属品や取扱説明書が整備されていることです。 例えばテレビならば、リモコンがキレイか否か、配線などもしっかり整備されているか?なども重要な要素... 記事の続きはこちら

商品の状態を良くすること

リサイクルショップで買取をしてもらうためには、より良い状態で査定を受けることが大切です。 洋服ならば、シミなどの汚れをしっかり取り除いて、アイロンもしっかりかけて、折りたたみもしっかりしておくだけで、... 記事の続きはこちら

店員とのかけひき

不用品をリサイクルショップで売る場合には、必ず店員の方と駆け引きをすることになります。 先方はいかに安くするかが目的ですので、最初の提示額は、かなり低いものです。 いくら高価なブランド品などでも見極め... 記事の続きはこちら

高額査定のポイント

リサイクル品の買取をお願いするのは、リサイクルショップが筆頭にあげられますが、買い取り専門店もありますし、オークションに出す方法もあります。 リサイクルショップは日本全国にあり、不用品を売ることが容易... 記事の続きはこちら

無料一括見積りサイトの利用

今では、どんなモノでも、インターネットの一括見積りサイトで見積りを入手することができます。 一括見積りの良いところは、1店舗のみの見積りで判断するのではなく、複数の店舗からの見積りを入手できることによ... 記事の続きはこちら

ベビー用品の買取

ベビー商品はお子さんの成長により、不用になることが多いです。 ベビーカーや乳児用のベッド、おもちゃや小さな滑り台付きのおもちゃ、洋服などです。 買取店に出しても十分売れるのですが、やはり買い叩かれてし... 記事の続きはこちら

CDやDVDの買取

音楽や映画などのCDやDVDについては、楽曲や映像をパソコンや専門の機器に取り込むことにより不用になることがあります。 もちろん、オリジナルのモノに付属されているプレミア品や歌詞カードなどがあることに... 記事の続きはこちら

書籍の買取

購入して、読みきった書籍については、不用になる場合もあり、書籍の買取店を利用したいこともあると思います。 しかし、書籍の買取価格はびっくりするほど安い場合が多いです。 ハードカバーの2000円程度する... 記事の続きはこちら

時計の買取

時計もリサイクル買取専門店が存在します。 実店舗ではそんなに見かけないのですが、ネットの通販サイトでは買取及び販売をしています。 通販の場合には、ネットより申込みをし、無料宅配キットを送ってもらうこと... 記事の続きはこちら

ブランド品の買取

ブランド品といえば、洋服やバッグ、靴などが考えられます。 インターネットの通販サイトでは、ブランド品の宅配買取サービスを提供している業者もいますので、買い替えの際などに利用をすると良いと思います。 洋... 記事の続きはこちら

家具の買取

利用しなくなった大きな家具などは、ご自身で処分することはとても難しいと思います。 また、処分をするのではなく、リサイクルショップで買取をしてもらうことを検討すべきだと思います。 中古家具でも、キズや不... 記事の続きはこちら

楽器の買取

楽器の買取を専門に行うリサイクル店もあります。 買取方法は、店頭買取と宅配買取、そして出張買取です。 まずは、いずれの方法にするのかを電話やメールでリサイクルショップに相談されるとよろしいと思います。... 記事の続きはこちら

パソコンの買取

使用済みのパソコンは、資源有効利用促進法に則り、回収とリサイクルをする仕組みです。 基本的には回収から、再利用するまでの処置はパソコンメーカーが追うことになりますので、安心することができます。 ただ、... 記事の続きはこちら

オーディオの買取

オーディオを手放そうとする際に、上手く作動しない、古い、ボロボロだと理由で、廃棄処分をされる方も多いと思います。 しかし、オーディオ商品は、いくら動かなくとも価値が高いものが多いです。 レコードプレー... 記事の続きはこちら

家電の買取

家電をリサイクルするためには家電リサイクル法に則って、消費者や小売業者、引取メーカーなどがそれぞれの役割を果たすことが大切です。 利用できなくなった家電製品は小売店が引取り、家電メーカーに引き渡すこと... 記事の続きはこちら

遺品整理

残念ながら、親族の方が亡くなられた際にも、遺品をリサイクルショップで買取をしてもらえるサービスもあります。 故人が大切に扱ってきたものですので、なかなか買取をしてしまうことに躊躇してしまいがちですが、... 記事の続きはこちら

倒産品などの買取

不景気により、閉店や倒産をしてしまった場合には、不用品の買取や回収をトータルでサポートするリサイクル業者もあります。 出来る限り中古品としてリユースすることや、処分することでコストの削減が可能です。 ... 記事の続きはこちら