ルイ ヴィトン ダミエ アズール

日本の市松模様からインスピレーションを受けて作られたという「ダミエライン」。実はモノグラムラインより歴史が古く、1888年ジョルジュ・ヴィトンが考案したのがはじまりとされています。1996年、モノグラム生誕100周年に限定版として復刻したところ人気を博し、マーク・ジェイコブスが就任後、正式に定番ラインとなりました。

2006年秋に発表された「ルイ ヴィトン ダミエ アズール」は、そんなダミエラインの中でも白×青の組み合わせが特徴的なシリーズです。アズールというのはフランス語で「紺碧」のことで、イタリアのリビエラ=海をイメージした青に、砂地を思わせる白を組み合わせた、オシャレなシリーズとなっています。そのやさしい色合いは意外と季節や場所を選ばずに使え、ファッションのポイントとしても十分効果を発揮してくれます。

定番のバッグや財布だけでなく、ポシェットやベルト、カードケースや手帳といった小物関係も充実しています。ビジネスシーンからカジュアル、リゾートまで幅広く活躍してくれるシリーズなのです。

価格やフォルムなどはモノグラムラインと大きな差はありませんが、デザインテイストが全く異なるので、2種類を使い分けるのも楽しいですね。定番カラーの茶系ではないルイ ヴィトンを探している方にもお薦めです。なお、同系として、従来のベージュ×茶褐色の「ダミエ・エベヌ」、黒×グレーの「ダミエ・グラフィット」、素材違いの「ダミエ・ジェアン」があります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事