タグ ホイヤーの時計の買取

メンズ系のファッション雑誌でも人気の高い「タグ ホイヤー」は、1860年にエドワード・ホイヤーが設立したホイヤー社が開発した高級スポーツ時計のブランドです。当初から、ストップウォッチやクロノグラフなどの機能を持ったスポーツウオッチ開発で成功しました。1916年には世界で初めて100分の1秒まで計測が可能なストップウォッチ、マイクログラフを発表し、その確かな性能で世界に評価されてきました。

タグ・ホイヤーはモータースポーツとも深い関わりを持っています。1964年に発表された「カレラ クロノグラフ」は当時のレーサーに大ヒットしました。1969年には、世界初の自動巻きク口ノグラフムーヴメント搭載のク口ノグラフ「モナコ」を発表し、スティーブ・マックィーンが映画『栄光のル・マン』で着用したことでも爆発的な人気となりました。その伝統を受け継ぎ、タグ・ホイヤーでは人気スポーツウオッチを数多く発表しています。

2006年には100分の1秒の計測・表示を可能としたクロノグラフや、世界初となるベルト駆動の機械式ムーヴメントによるコンセプトウオッチなど、新しい取り組みにも積極的です。

2010年の「タグ・ホイヤー ペンデュラム・コンセプト」は、世界初のヒゲゼンマイを使用しない機械式ムーブメント搭載の画期的なモデルで、機械式腕時計を進化させ続けています。

カジュアルからビジネスまでシーンを選ばず活躍するデサイン力や、高級ブランドとしてはリーズナブルな価格も評価ポイントとなっています。バリエーションも豊富なので、予算や機能、デザインやカラーなど、自分の好みにあったモデルを見つけやすいのもよいですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事