クロエのバッグの買取

1952年、フランスのパリでギャビーアギヨンが創業した、ファッションブランド「クロエ(Chloe)」。ブランド名は、バレエ音楽「ダフニスとクロエ」の主人公・クロエの優雅な踊りをイメージしてつけられました。

1963年にCHANELの現デザイナー、カール・ラガーフェルドがクリエイティブディレクターに就任し、クロエ人気が一気に高まります。元ビートルズのポール・マッカートニーの娘でもあるステラ・マッカートニーを経て、現在はフィービー・フィロがチーフデザイナーです。フィロ氏はプレタポルテだけでなく、小物や香水と幅広く進出し、クロエ バッグも、洋服と同じく女性達の憧れとなっています。

クロエ バッグの特徴となっているのが「カデナ」=南京錠です。クロエのバッグの中でもカデナの付いた「パディントンバッグ」は、2005年のデビュー以来一番の人気アイテムです。重量感あるカデナはデザイン面でも大きなインパクトとなっています。日本でも大人気で、新作が出るとすぐに完売してしまうほどです。

他にも、左右の大きめのダブルポケットと、ハンドル部分のウエスタン風編みこみ紐が印象的な「シルベラード」、たくさんのポケットがデザイン的なアクセントになっている「ベティ」、大きめサイズの馬蹄チャームがポイントになっている「ケララ」、台形フォルム前面の大きなポケットと、大きめステッチが個性的な「エディス」、など、様々なラインがあります。

カジュアルラインの姉妹ブランド、「シー・バイ・クロエ(SEE BY CHLOE)」のバッグも人気ですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事