ボッテガ ヴェネタのバッグの買取

ボッテガ ヴェネタ(BOTTGA VENETA)は、1966年に生まれたイタリア・ヴェネト州ヴィチェンツァに拠点を構えるファッションブランドです。ボッテガ ヴェネタとは「ベネチアの工房」という意味です。ミケーレ・タッデイとレンツォ・ゼンジアーロの2人が立ち上げ、バッグやシューズなどの皮革製品がメインアイテムとなっています。

2001年からはグッチ・グループの傘下に入り、デザイナーも変りましたが、創始以来の高い技術力に、新しいファッションセンスが加わり、世界中で愛されるブランドとなっています。

特徴のある編み込みレザーのバッグは、日本でも愛用者が多く、ご存じの方もたくさんいらっしゃると思います。

なめし革の革紐を使った編み込みの「イントレチャート(intrecciato)」は、編んだカゴにインスピレーションを得たといわれていて、ボッテガ ヴェネタの最大の特徴です。そしてイントレチャートを使用したバッグの「カンパーナ」がボッテガ ヴェネタを代表するバッグとなっています。すべてが職人の手作業によって丁寧に作られており、その手触りは「シルクのよう」とも言われています。

ボッテガ ヴェネタにはブランド名の目立つ表記などがありませんが、「自分のイニシャルだけで十分」という哲学をつらぬいており、製品に絶対の自信を誇っています。派手さはありませんが、使い込むことで高級な皮独特の深みが増し、愛着がわくバッグとなっています。最近では、宝飾品、時計、家具などの分野にも進出し、それによって若者層や新しいセレブ層の人気も獲得しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事