コーチのバッグの買取

アメリカを代表し、NYのキャリアウーマンご用達ブランドともいえる「コーチ(COACH)」。1941年にマンハッタンからスタートした比較的若いブランドです。マイルス、リリアンのカーン夫妻達が家内制手工業で行っていた、野球のグローブ作りからヒントを得て、使い込むほど風合いの出る革製品を作り出したのがコーチ バッグの最初です。

その後、映画「王様と私」の衣装担当のボニー・カシンがデザイナーとして就任し、買い物袋から発案したカジュアルバッグ「カシン・キャリー」を発案し大ヒットしました。その後も「バゲット・バッグ」「ダッフル・サック」などのヒット作を発表し、実用性だけでなく、ファッション性を取り入れて、ファンを増やしました。現在のバッグにも見られるクリップ式の金具や「ドッグリーシュ」の金具もボニー・カシンがデザインしたものです。

コーチバッグの特徴は、一つ一つ手作業で作られることと、化学薬品でコーティングされていない天然皮革を素材としていること。耐久性、機能性に優れていて、使い込むほどになじむ製品作りを追求しています。最近では皮革以外の新素材の開発にも余念がありませんが、昔からの技術力は変わることなく引き継がれています。

コーチ バッグにはさまざまなバリエーションがありますが、2001年からスタートした「シグネチャー」シリーズは日本でも爆発的な大ブームになりました。COACH柄と呼ばれる「CC」のロゴ模様を配したバッグは、今もコーチを代表するラインとなっています。ハイセンスで高機能・高品質の割りに、比較的リーズナブルな価格帯であることも人気のポイントです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事